SSLサーバー証明書、JPRSの更新をしてみました

ほぼ、2年前、SSL化するのに、ドメイン認証型のJPRSでサーバー証明書を発行しました。
利用しているさくらレンタルサーバーのコントロールパネルから簡単に申し込めるかつ安価という点でJPRSを選びました。

来月末でサーバー証明期間が終わります。
1ヶ月早いですが、更新してみます。

更新作業はさくらレンタルサーバーのコントロールパネルからJPRSサーバー証明書を選び進めていきます。
すすっと進み、支払いを済ませ、しばらくするとメールが届きました。
無事にサーバ証明書が発行されたようです。
私が手続きしたタイプはさくらのレンタルサーバーのコントロールパネルでサーバ証明書を有効にすれば完了のように書かれています。

通常、レンタルサーバーもドメインの更新も期限切れ1ヶ月前にその手続きを行ったところで期限の延期が更新されます。
JPRSのサーバー証明書もそうだろうと思っていたら、どうも違うようです。
新しいサーバー証明書が発行されたということなのかもしれない。
さくらインターネットの会員ページで確認すると別物としてカウントされています。

コントロールパネルでもレンタルサーバー証明書の期限は新しいモノになっています。

実際のサイトにアドレスバーに表示されている鍵マークをクリックしてサーバ証明書を確認します。

jprs

んー、有効期限は来月末のままです。更新されていません。 再度、さくらレンタルサーバーのコントロールパネルで確認します。 やはり、ちゃんとSSLサーバ証明書期間は2020年4月25日から2022年4月30日になっています。 これは、5月31日が終わるときにどうなるのか?!を待つしかないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください